危険な状態の包茎と手術費用

カントン包茎は包茎の種類の一つですが、かなり危険な状態の包茎になります。
場合によっては性器の切断になることもあるので、カントン包茎になった場合には早急に治療をする必要があります。
そもそもカントン包茎とは何なのでしょうか。
カントン包茎は亀頭が包皮口によって締め付けられている状態です。
包茎は亀頭が包皮に覆われている状態になりますが、カントン包茎は包皮口が狭いことによって引き起こされる症状になります。
包茎には種類がありますが、仮性包茎、真性包茎共に段階があります。
仮性包茎の段階としては、包皮口が広いか狭いかによって段階がわかれていて、包皮口が狭い場合には、亀頭を露出することができないという場合もあるでしょう。
この場合に無理矢理亀頭を露出しようとすると、狭い包皮口が亀頭を締め付けてしまう状態になります。
これがカントン包茎の症状です。
血流が悪い状態になり、うっ血していることもあるので危険な状態です。
亀頭に血液が行かない状態になってしまうので、放置しているとき等の細胞が壊死してしまいます。
最悪の場合には性器を切除しなければならないということになるのです。
カントン包茎の状態になった場合には、すぐに元の状態に戻す必要があります。
自力で戻せない場合には病院に行きましょう。
カントン包茎の治療はとにかく元の状態に戻すことになります。
痛みがひどい場合が多いので、すぐに治療に行きましょう。
健康保険が利用できるので、手術をすることになっても数万円で治療をすることができます。
包茎が恥ずかしいからと放置をすることだけ早めましょう。

実際に掛かる料金は医師と相談して見積もりをして貰う

包茎手術を受ける際には、料金が気になるところかもしれません。
包茎手術にかかる費用は包茎の状態によって大きく変わってきますので、実際に掛かる料金は医師と相談して見積もりをして貰う必要があります。
真性包茎やカントン包茎の治療の場合には、保険を利用することができますので、数万円程度で治療をすることができます。
病院によっても異なりますが、手術後の薬代などを考えると10万円程度あれば手術をうけることができるでしょう。
一方で仮性包茎の治療の際には、保険を利用することができないので自己負担で治療を受けることができます。
真性包茎やカントン包茎は生殖機能に問題があると判断されますが、仮性包茎は日常生活には支障がないと判断されるので、保険を適用することができません
そのため包茎手術にかかる費用だけで数十万円程度かかると考えておきましょう。
こういった理由からも仮性包茎の状態で安易に手術を選択することは避けたいものです。
真性包茎の治療方法には、矯正によって仮性包茎の状態に近づけるような治療があります。
もしこの方法を選んで仮性包茎の状態に近づいてから手術を希望したとしても、保険が適用できないこともあるようです。
もし矯正をする場合には、医師と相談してから判断するのがいいでしょう。
できる限り手術を行いたくないという人もいるようですが、結局高額な費用がかかるよりは、思い切りの良さも必要かもしれません。

新着情報

◆2014/02/10
危険な状態の包茎と手術費用の情報を更新しました。
◆2014/02/05
HP更新している管理人を新規投稿しました。
◆2014/02/05
お問い合わせページを新規投稿しました。
◆2014/02/04
技術的には包皮を再生する手術の情報を更新しました。
◆2014/02/04
手術を受けたほうがいい人とそうでない人の情報を更新しました。